The Must-Attend

Open Infrastructure Event

The world runs on open infrastructure. At the OpenStack Summit, you’ll learn about the mix of open technologies building the modern infrastructure stack, including OpenStack, Kubernetes, Docker, Ansible, Ceph, OVS, OpenContrail, OPNFV, and more. Whether you are pursuing a private, public or multi-cloud approach, the OpenStack Summit is the place to network, skill up and plan your cloud strategy.

  
Tokyo
October 27-30, 2015

The Must-Attend

Open Infrastructure Event

Join the movement behind the most widely deployed open source cloud platform. Whether you are pursuing a private, hybrid or multi-cloud approach, the OpenStack Summit is the place to network, skill up and plan your cloud strategy.

  
Tokyo
October 27-30, 2015

New to the Summit | サミットに初めて出席される方へ

Results ()
No results were found.
About the OpenStack Summit

The OpenStack Summit is a four-day conference for developers, users, and administrators of OpenStack Cloud Software. It’s a great place to get started with OpenStack. Summits include in-depth technical discussions, hands-on workshops, and the full presence of almost every player in the OpenStack Ecosystem. If you are deploying OpenStack—or considering how it can help your enterprise—there’s no better way to connect with the community than the OpenStack Summit.

The OpenStack Summit is a global event no matter where it is located. The Summit has experienced tremendous growth since its inception, and we're proud of the diverse audience reached at each gathering. Here's a quick look at the audience who attended the Vancouver Summit in May 2015.

What's the difference between the OpenStack Main Conference and the Design Summit?

The OpenStack Main Conference is for all attendees and is held Tuesday - Thursday. The perfect place for developers, users, and administrators of OpenStack Cloud Software. This is great for those looking for the best way to get started.

The OpenStack Design Summit is designed for contributors and operators and is held Tuesday - Friday. The Design Summit sessions are collaborative working sessions where the community of OpenStack developers and operators come together twice annually to discuss the requirements for the next software release and connect with other community members.  The Design Summit is a part of the main OpenStack Summit but it is not a classic track with speakers and presentations. The Design Summit is not the right place to get started or learn the basics of OpenStack.

What’s the difference between the OpenStack Summit and an OpenStack Day event?

While the Summits are organized by the OpenStack Foundation, OpenStack Days are usually organized by community members from a local OpenStack user group and in the city that they are based in. OpenStack days are aimed for a smaller audience while recent Summits have continuously reached an attendance of at least 4,000 people. OpenStack Days are therefore altogether smaller, shorter events: they usually run for one or two days, feature up to three speaking tracks and engage a handful of sponsors. OpenStack Days are a great preview for what the Summits are like, but on a much smaller scale.

Language

The vast majority of the content presented at the October 2015 OpenStack Summit in Tokyo will be in English. On Tuesday and Wednesday mornings the Keynote sessions will offer simultaneous interpretation in English and Japanese. There is also one Japanese Language track (7 speaking sessions) scheduled on Tuesday that will have content presented in Japanese and simultaneously interpreted into English. All of the other Main Conference and Design Summit sessions will be presented in English and will not offer interpretation.

Planning your Summit Experience

Build a personal schedule. When preparing for the Summit, it is a good idea to plan in advance which breakout sessions you would like to attend. If you create an account and log-in on sched.org, you can personalize your schedule and pick out talks before arriving at the Summit. You can view the schedule for the Tokyo Summit here.

Download the mobile app. Make sure to download the mobile app so you can view your personalized schedule on the go!

Apple | Android

RSVP for Hands-On Labs. All of the Hands-On Labs workshops require an RSVP to attend. Don't miss this step!

How do I get from Haneda or Narita International Airports to the Summit venue?

Get to the Summit venue from Haneda and Narita International Airports without any issues with the help of our step-by-step directions. Download the instructions and comprehensive video before your flight so that they are accessible offline when you arrive in Tokyo. View and download airport directions here.

Once you've arrived at Shinagawa Station, follow these step-by-step directions to get to the Summit Venue.

What lunch options are available during the Summit?

Meals and lunch boxes can be found across the Summit Campus. Kosher and Halal meals will be available in Hokushin, Bldg. #3, 3F. Please ask a server for more information. Gluten Free and Vegetarian options will be available in Marmolada, Bldg. #1, B1F and Il Leone, Bldg. #1, B3F. 

You can find all lunch menus and a map of lunch locations by going here.

Social Events

Women of OpenStack Happy Hour: A great chance to meet the other women who will be attending the Summit! It will take place on Monday, October 26, at 4:30pm at Laputa Garden, a rooftop bar. Buses will leave from the PAMIR (the Blue building on all Summit maps) to the happy hour venue starting at 4:00pm. Don't miss the sunset (at 4:50pm)!

Lunch with the OpenStack Foundation Board of Directors: Join the OpenStack Foundation Board of Directors for a face-to-face lunch on Tuesday, October 27, at 12:45pm. Lunch located outside the OpenStack Marketplace, New Takanawa Building #1, Level B1F.

Booth Crawl Happy Hour: The Booth Crawl is a fun way to meet people in the OpenStack community. Kick off the first evening of the Summit at the OpenStack Booth Crawl Happy Hour! Join Summit attendees in the Marketplace on Tuesday, October 27, at 6:15pm for drinks, appetizers and a chance to win! During the Booth Crawl, there will be a special booth crawl challenge that’s not only fun and informative, but could also pay off big! The grand prize winner will receive a full access pass to the 2016 OpenStack Summit in Austin, Texas, and one four-night hotel stay near the Summit venue.

OpenStack Community Official Evening Event sponsored by HP, Scality, Cisco, & Bit-isle: If you have never experienced Japan, this special evening provides the opportunity to engage with all aspects of the culture, ranging from ancient Samurai to Cosplay, Sumo to Sake, Taiko to Tea Ceremony, Geisha to Manga, etc. Should you call Japan home or know it well, you can delve deeper into the background of these unique experiences, engaging with a recent Ozeki (second-highest Sumo rank), learning how to play Taiko drums, drawing with a Manga artist, talking to one of the foremost Samurai experts in Japan, etc. Wander beautiful Japanese gardens, marvel at 500+-year-old Bonsai, eat Japanese market food, and drink local artisanal beer, sake and great international wine. Relax, network and talk in lounge areas or under the trees in the garden. Dance to great local bands. Don't miss this fun-filled evening on Wednesday, October 28, at 7pm!

Pro Tips

Read the pre-Summit emails! Leading up to the Summit the organizers will email all attendees with important information including venue maps, a helpful guide showing how to find the Summit venue, etc. Don't skip over these emails.

Make sure your devices are charged. If you're taking your laptop, we recommend you charge it and your cell phone before you leave your hotel room. But if your juice gets low during the day, the Summit has you covered—there will be a charging station in the Marketplace Expo Hall.

When packing for the Summit, don't forget to bring the following items:

  • Comfortable shoes. OpenStack Summits are huge! Your sessions may be all the way across the venue from each other, so shoes that can go the distance are a must.
  • Electrical adapters. Nothing’s worse than running out of battery power and realizing that your charger doesn’t fit any of the plugs!
  • Business cards. A quick and easy way to exchange information. Exchanging of business cards is very important practice in Japanese business etiquette.
  • Extra room in your luggage for all the cool OpenStack souvenirs and T-shirts that you will collect at the Summit! You’ll definitely want to brag and show off your new swag when you get back.
  • Cash in local currency (Japanese Yen)
  • For more details, check out this packing list created for the Vancouver Summit (most of it is also applicable for Tokyo)

Other Questions
Stay Connected

Follow @OpenStack on Twitter to keep up with the latest news during the Summit, and join the conversation by tweeting the official event hashtag: #OpenStack

OPENSTACK SUMMITについて

  OpenStack Summit は OpenStack Cloud Software の開発者、ユーザー、管理者向けに 4 日間開催されるカンファレンスです。OpenStack を始めるには最適な場所です。サミットでは徹底的な技術討論、実践的なワークショップを行い、OpenStack Ecosystem のほとんどすべてのプレイヤーが一堂に会します。もし OpenStack を開発中なら、あるいはどのように自分の会社に役立てられるか検討中なら、そのコミュニティと繋がるために OpenStack Summit ほど良い方法はありません。

OpenStack Summit は、どこで行われようともグローバルなイベントです。このサミットは、開始以来、とてつもなく大きな成長を遂げており、各回とも多様なオーディエンスを集めていることを誇りに思います。こちらで、2015 年 5 月のバンクーバーサミットのオーディエンスを簡単に振り返っていただけます -- https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/sponsors/#audience

OpenStack Main Conference と Design Summit との違いは何ですか?

OpenStack Main Conference は、すべての出席者に向けたもので、火曜日~木曜日に開催されます。OpenStack Cloud Software の開発者、ユーザー、管理者に最適であり、これから導入するために最良の方法を探している方々にとっても有益です。

OpenStack Design Summit は、コントリビュータやオペレータ向けで、火曜日~金曜日まで開催されます。Design Summit のセッションは、共同作業セッションであり、OpenStack 開発者とオペレータのコミュニティが一緒になって毎年 2 回、次のソフトウェアリリースへの要件を協議したり、他のコミュニティメンバーと繋がりを持ったりする場です。Design Summit は、メインである OpenStack Summit の一部ではありますが、スピーカーやプレゼンテーションがあるような典型的な分科会ではありません。Design Summit は、OpenStack をこれから導入したり、基本を学んだりするために適した場ではありません。

OpenStack Summit と OpenStack Day イベントとの違いは何ですか?

サミットが OpenStack Foundation によって主催されている一方で、OpenStack Day は通常、ローカルの OpenStack ユーザーグループや彼らが拠点としている都市のコミュニティメンバーによって主催されています。最近のサミットの出席者が継続的に少なくとも 4,000 名に達しているのに対して、OpenStack Days は、小規模なオーディエンスを狙っています。そのため OpenStack Days は、 全体としてより小さく短いイベントとなっています。通常、1 日か 2 日で行われ、中心となる分科会は 3 つまでで、関わるスポンサーも少数です。OpenStack Days は、サミットがどのようなものかあらかじめ知るために最適ですが、非常に小規模です。

言語

2015 年 10 月に開催される東京での OpenStack Summit では、内容の大部分が英語で発表されます。火曜日と水曜日の午前中に行われる基調講演では、英語と日本語による同時通訳があります。また、火曜日に予定されている日本語による分科会( 7 つの講演)では、内容が日本語で発表され、英語の同時通訳があります。その他の Main Conference および Design Summit のセッションはすべて英語で発表され、通訳はありません

自分のサミット体験を計画する

個人スケジュールを立てましょう。サミットへの準備をする際に、あらかじめどの分科会に出席したいかを計画しておくのはよい考えです。アカウントを作成し、sched.org にログインすれば、自分の個人スケジュールを立てられますし、サミットに到着する前に講演を選んでおくことができます。東京サミットについてのスケジュールはこちらでご覧いただけます

モバイルアプリをダウンロードしましょう。忘れずにモバイルアプリをダウンロードして、外出先でも自分の個人スケジュールを見られるようにしておきましょう!

Apple | Android

実践的ラボへの出席申込み。実践的ラボへの出席はすべて事前予約が必要です。お申込をお忘れなく!

ソーシャルイベント

女性のための OpenStack ハッピーアワー:サミットに出席している他の女性たちと出会える絶好の機会です!10 月 26 日月曜日、午後 4 時 30 分より、ルーフトップバーのラピュタ・ガーデンにて開催されます。バスは PAMIR (サミット会場全体図の青いビル)からハッピーアワー会場に向けて午後 4 時に出発します。夕日もお楽しみください(午後 4 時 50 分)!

OpenStack Foundation 理事会メンバーとのランチ10 月 27 日火曜日、午後 12 時 45 分から行われるOpenStack Foundation 理事会メンバーに直接会えるランチに参加しましょう。場所は、OpenStack マーケットプレイスの外(グランドプリンス新高輪 地下 1 階)になります。

ブースクロールハッピーアワー :ブースクロールは、OpenStack コミュニティの人々と楽しく出会う手段です。サミットの最初の夜を、OpenStack ブースクロールハッピーアワーで始めましょう!10 月 27 日火曜日、午後 6 時 15 分から、エキスポホールでサミットの出席者たちと一緒に、飲み物やおつまみ、ゲームをお楽しみください!ブースクロールの間に、特別なブースクロールチャレンジがあります。これは楽しく勉強になるだけでなく、大きな利益をもたらすことになるかもしれません!優勝者には、2016 年にテキサス州オースティンで開催される OpenStack Summit へのフルアクセスパスとサミット会場付近のホテルの宿泊お一人様 4 泊分が贈られます。

HP、Scality、Cisco、Bit-isle の提供による OpenStack コミュニティ・オフィシャルイブニングイベント:今回、初めて日本を体験するという方には、この特別な夜に、昔のサムライからコスプレまで、相撲から酒、太鼓、茶道、芸者、漫画等々、あらゆる文化的側面に触れる機会をご用意しています。日本があなたの故郷、あるいは良く知っているという場合は、現役の大関(相撲で上から 2 番目の位)と対戦する、太鼓の叩き方を学ぶ、漫画家と一緒に描く、日本屈指のサムライ専門家の一人と話すなど、ユニークな体験からその背景を深く探ってみることもできます。美しい日本庭園をそぞろ歩く、樹齢 500 年以上の盆栽に驚嘆する、日本の市場の食べ物を食べる、地元のクラフトビールや酒、世界的に素晴らしいワインを飲むのもいいですね。ラウンジエリアや庭園の木陰でくつろいだり、他の人と知り合い話したりしてください。素敵な地元バンドの演奏でダンスもできます。10 月 28 日水曜日、午後 7 時から、この楽しさ満載の夜をお見逃しなく!

プロのヒント

事前メールを読みましょう! サミットまでに、主催者はすべての出席者に、会場の地図、サミット会場を見つけるために役立つガイドを含む重要な情報をメールでお送りします。こうしたメールをスキップしないようにしてください。 デバイスは確実に充電しておきましょう。 ラップトップをお持ちになる場合は、ホテルの部屋を出る前に充電しておくことをお薦めします。携帯の充電もお忘れなく。万が一日中に、電池が残り少なくなった場合は、サミットがご要望にお応えいたします。マーケットプレイスのエキスポホールに充電ステーションを用意しています。 サミットへ向けて荷物を準備する際には、以下に挙げるものを忘れずにお持ちください。

  • 履き慣れた靴。OpenStack Summits は巨大です!出席するセッションの場所まで会場の端から端までずっと歩かねばならないかもしれません。それだけの距離を歩ける靴が必須です。
  • 電源アダプター。電源が切れたときに、自分の充電器のプラグが合わないと分かるほど最悪なことはありません!
  • 名刺。素早く簡単にできる情報交換の方法です。名刺交換は、日本のビジネスマナーにおいて非常に重要な習慣です。
  • カバンには、サミットで集めた OpenStack のクールなお土産やTシャツを入れるための余裕を残しておきましょう!帰ってから戦利品を自慢して見せたくなるはずですから。
  • 現地通貨(日本円)
  • 詳細については、バンクーバーサミット向けに作られたパッキングリストをご確認ください(ほとんどが東京にも適用できることです)

その他のお問い合わせ
フォローしてください

ツイッターで @OpenStack をフォローし、サミット期間中の最新ニュースを把握しましょう。そして公式イベントハッシュタグ #OpenStack でツイートして会話に加わってください。